フリードリッヒ2世の生涯

殺風景な我が家の庭にクロッカスが咲いて春の訪れです~058.gif

a0276402_1175068.jpg

ヨーロッパ初の国立大学
中世も後半に入るとキリスト教世界は変動の時代に入る。つまり暗黒の中世からようやく抜け出しつつあった。パレスチナにどっと押し寄せたことから始まった十字軍遠征も1097年から1291年間にすっぽりと収まった。そして十字軍によってキリスト教徒の信仰心は高められその主力であったフランスではとくに、教会建築の最盛期を迎える。
ヨーロッパの有名大学の設立も11世紀末から13世紀前半に集中している
ボローニア大学、パリ大学。ソロボンヌ大学、オックスフォード大学ケンブリッジ大学
1224年フリードリッヒによってナポリ大学が設立された
同時代の設立でありながらナポリ大学は多くの点で違っていた。
1、大学の運営は聖職者が持ち寄る資金で運営されるのではなくてフリードリッヒが提供する資金、つまり国費で運用される。ゆえに授業料は無料、教授たちへの報酬も、国庫から支払われた
2、教育科目も教授陣の選定もフリードリッヒの考えに沿って決められた
3、神学や教会法が主要科目を占めていた他の大学と違ってナポリ大学ではローマ法が主要科目になる
ナポリ大学のモットーは「知識と教育の源泉にもどって」のでもなる・・・
そしてこれはルネッサンス運動が花開く250年も前に成された「ルネッサンス宣言」でもある

フリードリッヒが設立したナポリ大学は南イタリア第一の国立大学として健在だ。
神学や教会法を教えるのが使命とされていた時代
彼が目指していたのは総合大学である。その上医学部まであった
[PR]
by maryroserose | 2016-02-14 11:07 | 読書

日々の暮らしぶりを書き留めます


by maryroserose
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る