女人高野:室生寺

昨日文化の日に室生寺を訪れました
夫が「五木寛之の百寺巡礼」を読んで御朱印を集めています
私も(御朱印は余り興味はないのですが)、”百寺”を全部でなくても訪れたいと思っています

室生寺縁起(縁起とは寺社などの由来・沿革・起源という意味)
奥深い山と渓流に囲まれて室生の地は古くから神々の座ます聖地と仰がれていました
やがて奈良時代の末期、この聖なる地で皇太子山部親王(後の桓武天皇)のご病気平癒の祈願が高徳な僧によって行われ卓郊があったことから、勅命により創建された。
以来室生寺は各宗兼学の道場として独特の仏教文化を形成すると共に平安前期を中心とした優れた仏教美術を継承する。
a0276402_1742449.gif

仁王門
a0276402_1174014.jpg

弥勒堂

弥勒堂」は鎌倉時代の建築で、屋根はヒノキやサワラの木を薄く割って重ねた杮葺(こけらぶき)。周囲には縁をめぐらせている。内陣には「弥勒菩薩立像」や国宝「釈迦如来坐像」などが祀られている
国宝「釈迦如来坐像」は、平安時代前期に造られている。同時代前期の仏像彫刻の中でも、特に優れた仏像として有名
a0276402_11301761.jpg

本堂:鎌倉時代(国宝)
室生寺の本尊如意輪観音菩薩像が安置されている
こちらで御朱印を頂きました
a0276402_11353060.jpg

五重塔:平安時代初期(国宝)
室生寺の「五重塔」は高さ16.22mで、屋外に建つ五重塔では日本で最も小さい。その小ささから、「弘法大師一夜造りの塔」と例えられることも。建立時期は天平時代末から平安初期まで遡る。
a0276402_11392495.jpg

a0276402_1431072.jpg

a0276402_1023498.jpg


五重塔の後ろに続く参道を登ると(370段)奥ノ院に辿りつく。が、私達はここで↓Uターンしました。
a0276402_10221891.jpg

室生寺の境内の至る所に石楠花があり、お花の咲く頃にぜひもう一度訪れたいです
帰りのバスまで五木寛之さんおススメの草餅を頂いて無事に帰途に着きました。
a0276402_11484916.jpg

マリーを長時間一人でお留守番させて心配でしたが元気に迎えてくれました~001.gif
a0276402_2126940.gif

[PR]
by maryroserose | 2015-11-04 11:28 | お出かけ

日々の暮らしぶりを書き留めます


by maryroserose
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る