Weston Collection 肉筆浮世絵展

大阪市立美術館で開催中のWeston Collection 肉筆浮世絵展へ行って来ました

☆大阪市立美術館は、大阪市天王寺区の天王寺公園内にある美術館。当地には1914年(大正3年)に
住友家本邸が建てられたが、後に住友家から美術館建設を目的に日本庭園「慶沢園」とともに敷地を
寄贈され、1936年(昭和11年)に旧本邸跡地に開館した(ウィキペディアより引用 )
a0276402_1044275.jpg

玄関入った処のホールのシャンデリア・ステンドグラスが太陽の光を浴びてゴージャスな雰囲気です
a0276402_10485967.jpg



☆慶沢園(けいたくえん)
元は住友家の茶臼山本邸庭園として、1918年(大正7年)に完成した。1908年(明治41年)に木津聿斎の設計、小川治兵衛の作庭により造園が開始されて以来、完成までに10年を費やしている。大小3つの島が浮かぶ池の周囲の林間を回遊し鑑賞する様式(林泉回遊式)で、全国から名石・名木を集めた広大な庭園となっている。
1921年(大正10年)に住友家が大阪市に寄付を打診。1925年(大正14年)に住友家本邸が神戸に移転したことで、隣接する旧本邸敷地(現・大阪市立美術館)、茶臼山とともに寄贈された(ウィキペディアより引用)
a0276402_11261066.jpg

左手が慶沢園入口
a0276402_11154623.jpg

☆Weston Collection 肉筆浮世絵展
肉筆浮世絵とは絵師が絹や紙に筆で直接書いたものを指します。
写楽・歌麿・北斎・広重などの浮世絵版画と区別するため肉筆浮世絵版画と呼んでいます
•特に興味深かった浮世絵
祇園社 春の遊楽図
雪中常盤図
重陽官女図
[PR]
by maryroserose | 2015-04-19 11:32 | お出かけ

日々の暮らしぶりを書き留めます


by maryroserose
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る