皇室名品展

先日京都国立近代美術館で開催されている皇室名品展へ行って来ました。
昭和20年に焼失した明治宮殿の一部、壁クロスや天井などが再現されていました。
フランス、オーストリアで宮殿を見る機会に恵まれましたが、
日本の宮殿を(再現されたものでも)初めて目にして納得しました。
煌びやかさはありませんが、素晴らしいタペストリーや壁画が宮殿を飾っていました。
この明治宮殿(昭和20年に焼失)は、表宮殿と奥宮殿からなり、多くの広間や部屋がありました。さらに宮殿は、和風建築でありながら家具や装飾には西洋的な要素が多く取り込まれ、和風イメージと洋風イメージが見事なハーモニーを作り出しています
展示されている作品の中で一番素晴らしいと思ったのは上村松園作「雪 月 花」です。
貞明皇后の御用命を受けて以降,完成まで実に20年以上を要した,女流画家・上村の渾身の力作です。画題は,雪,月,花にこと寄せた平安期の宮廷での雅やかな女性風俗であり,それぞれ『枕草子』,『源氏物語』,そしておそらくは『伊勢物語』等に想を得たと思われる優美な情景が描かれています。松園は「身を清め精神を統一してこの絵の制作に向かった」と、言われています。
★雪月花
a0276402_2025355.jpg

~近代美術館の3Fから~
a0276402_20301179.jpg

a0276402_2034294.gif

バスでJR京都駅へ行き食事をして東寺へ向かいました。
今日は”終い弘法”で沢山出店していました。が、あいにく雨が降って来て、ゆっくり見ませんでした。
弘法さんと金堂の薬師如来さんにお参りをして東寺を後にしました。
京都駅に向かう道すがら見つけた昆布屋さんでシイタケ昆布とちりめん山椒を買い
マリーが一人でお留守番をしているので、急いで帰りました~
a0276402_20453363.gif

~先程イルミネーションが点灯しました~
今年はマリーが我家へ来てくれた記念の年なのでイルミネーションを飾りたいと急に思いました。
今年はラインだけで貧弱ですが、来年は星をプラスして更にレベルアップしたいと思います。
マリーは喜んでくれるでしょうか?003.gif
a0276402_17584258.jpg

[PR]
by maryroserose | 2013-12-23 20:52 | お出かけ

日々の暮らしぶりを書き留めます


by maryroserose