高雄山神護寺

昨日 高雄・神護寺槇尾・西明寺栂尾・高山寺(三尾)へ行って来ました。
8:03のバスでJR茨木駅へ→JR京都駅→JRバス(直通)で約40分で高雄に到着
紅葉のシーズンに入りバスは臨時便も運行していました。

★ひたすら登り道を歩いてやっと神護寺楼門に到着!
20年程前に訪れた時、この楼門の立派さに圧倒された印象が残っていますが、やはり今回も見とれました。

創建は平安時代824年。 開基は「和気清麻呂(わけ の きよまろ)」とされます
和気一族は叡山の最澄や空海を招いて、平安仏教の発祥の地となります。
空海によって鎮護国家の道場という、政治的にも重要な地位を築き、名を神護寺と改名します。

平安時代に災害の為ほとんどを焼失しますが、これを復興したのが文覚上人
神護寺の「中興の祖」とされます。(高山寺の明恵は、文覚の弟子にあたります)

文覚上人が後白河法皇の勅許を得、源頼朝の援助を受けて復興を見ました。私達が教科書で見る頼朝公肖像画(国宝)が本堂(?)に展示されていました。
a0276402_20132638.jpg

a0276402_20351725.jpg

a0276402_20361451.jpg

[PR]
by maryroserose | 2013-11-15 20:56 | お出かけ

日々の暮らしぶりを書き留めます


by maryroserose
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る